外貨預金とFXの違いとは何か?



外貨取引の中でも個人取引が可能で、その中心にあるのが外貨預金となります。

その仕組みは比較的簡単で、一定額の外国の通貨を購入し、それを一定の期間銀行に預けて満期になったら受け取ると言う取引方法です。

FXのように為替変動によるその差額と各通貨ごとの金利利益を得る事が、主な目的となります。

もちろん金利の高い国に長く預ければ、満期後は多く金利を受け取る事が可能でありますが、一方で日々変動する為替レートによっては、外国通貨を購入したときと比べて円高になっていれば、損失となります。逆に円安になっていれば利益となるのです。

その為替の日々変動するレートで利益を得ようとする、FX取引がその主体となって参りました。

今では国内のFX業者取引量が世界上位をほぼ独占するほどまでに、人気は凄まじく先日の報道ではこの1年間で、全体の取引量は2倍にまで膨れ上がったそうです。今後さらに増加しそうです。

外貨預金と異なる点は、レバレッジと「買うことも売ることもできる」という点です。現在日本円しか持っていないにも関わらず、外貨を売ることができるというのは、手持ちの資金を担保にすることが出来るからなのです。
このような点で、外貨預金とFXとは異なるのです。

Page Top